がん保険とは

がん保険とはがんと診断されてしまったときに診断給付金が給付される保険です。
この保険はがんになったときに支給されて、入院や手術、死亡してしまった場合に給付金や保険金を受け取ることができます。

がんという病気は再発してしまうリスクがあるので、がん保険は医療保険ではカバーできない部分をしっかりカバーしてくれます。

平成18年に「がん対策基本法」という法律が成立されてから、がん患者の意向も治療方針に反映されるようになったので、がん治療やがん保険に対する接し方が変わってきているので、どのようにがん保険と向き合っていけばよいか真剣に考えなければいけません。

現在はがん保険も多様化してきていて、たくさんの保険の商品があって、たくさんの保障内容があるので、自分はどの保障が必要なのかを明確にする必要があります。

がん保険は契約後3ヶ月の期間はがんになっても保障を受けることができません。ですから若くて元気なうちからがん保険に加入しておかなければいけません。

現在たくさんの保険会社があり、外資系の保険会社もどんどん日本に進出してきてサービスや商品がたくさんあって、どのがん保険を選んで良いか分からない人も多いのが現状です。