がん保険が活用できる場面

がん保険が活用できる場面

もしがんと診断されて場合にがん保険が保障されるケースは大きくわけて4つの場合に支給されて、がん患者が治療に集中できるようにがん保険で闘病資金を賄うことができます。

1つ目は「がん」と診断されたときに給付される「診断給付金」です。
がんと診断されると準備などをしなければいけませんが、その資金に充てることができます。

2つ目はがん治療をするために入院することになったときに支給される「入院給付金」です。

3つ目はがんの手術をしたときに給付される「手術給付金」。

4つ目は抗がん剤などの治療で通院しなければいけないときに支給される「通院給付金」があります。

がん保険はこの4つの給付金が支給されることになります。他の医療保険と違ってどのような場面であっても何かしらの給付金をもらうことができるようになっています。

がんという病気の特性上、手術が成功したとしてもその後の抗がん剤治療などで通院をしなければいけませんので、長い間治療していかなければいけません。
その長い闘病生活を資金面で支えてくれるのががん保険なのです。

各場面で様々な給付金が支給されますので、出来る限り多くの給付金が支給されるがん保険に加入することをおすすめします。

お知らせ